FXのプラットフォームMP4に新しいインディケーターをインストールする方法

FXのプラットフォームの使い方に慣れてきましたでしょうか。

 

こんにちは。よしみちです。

 

ラインの引き方にまだ迷っていませんか?

自動でラインが引ける便利なインディケーターがあるので
新しくインストールしてみませんか?

 

というわけで「新しいインディケーターをインストールする方法」
についてのお話です。

最初は難しそうですが、慣れてくればとても簡単なので、挑戦してみてください。

 

今回導入するインディケータは「dxweeksnr」です。

 

意識されたレートに自動でライン(水平線)が引かれるので、
ラインをどう引いたらいいかわからないという初心者の方には
便利なインディケーターだと思います。

 

最初にインディケーターのzipファイルをダウンロードしましょう

ここを左クリック。保存場所はデスクトップのほうがわかりやすいです。

そして右クリックして「全て展開」か「開く」を選択。

フォルダから
dxweeksnrファイルをドラッグ&ドロップで取り出して、これで準備ができました。

 

ファイルをMT4に導入

MP4を起動します。

画面の左上「ファイル」を左クリック。
真ん中辺りに「データフォルダを開く」があるので左クリック。
そしてMQL4を左クリック。


次に indicatorsを左クリック

ここにdxweeksnrファイルをドラッグ&ドロップで入れます。

これでデータフォルダを閉じます。

次にMP4も一度閉じて再起動します。

ナビゲーターにdxweeksnrが表示されていることを確認したら、
そこを左ダブルクリック。

最後に「OK」をクリックして

自動でライン(水平線)がチャート上に表示されます。

このラインはここでは赤の点線(レジスタンスライン)
になっていますが、

相場状況によって緑の点線(サポートライン)に変わり、
別のラインが形成されます。

とても使い勝手の良いインディケーターとなっています。
私も今回導入しました。

1時間足以上のチャートに表示されますが、
下位足のチャートには表示されません。

それにMT5には導入できないのが残念です。

MT4を使いやすいようにカスタマイズしよう

インディケーターの導入だけでなく、
複数のチャートウインドウの整列をさせたり、
背景色の色を変えたり、EA(自動売買)を導入することも可能です。

 

リアルトレード中にフィボナッチを使ったりして、
エントリーや決済の参考にする等、
MT4を使いこなすことはトレードで有利な条件となるでしょう。

 

まとめ

新しいインディケーターをインストールするには、
zipファイルをダウンロード。

検索すると無料でzipファイルが公開されているのがわかります。
MT4にファイルを導入するのは簡単。
MT4を使いこなしてトレードを有利に進めよう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です