FXトレーダーとして長く生き続ける方法

こんにちは。

本当の実力をつけてトレーダーとして長く生き続けるためには

明確な基準がどうしても必要だと思うようになりました。

それは今まで明確なものを持っていなかったからです。

勝つためにシナリオを立てようという内容を記事にしてきましたが、
自分で立てたシナリオは素人の考えた不明瞭な基準(ほぼ勘と言ってもいい)で作成してきたものでした。

それは基準が明確なものではなかったからです。

一言で言えば「ライン」です。ラインを重視してきました。

しかしラインは人によって引き方が違うので、再現性はありません。

それでは明確な基準とは何か。

フィボナッチリトレイスメントとフィボナッチエクスパンションです。

そして環境認識のためのその他のツールです。

FXで勝ち続けるための明確な基準とは

それはフィボナッチなどのツールです。

フィボナッチという言葉を聞いて、超初心者の場合一体何のことかわからないという方もいらっしゃることでしょう。

簡単に言うとラインの一種だと言えます。

MT4の使い方をマスターしている人なら画面の左上にボタンがあるのでクリック、
または挿入という項目からフィボナッチリトレイスメントとフィボナッチエクスパンションが選択できます。

どちらもトレンド相場で役に立つツールです。

上昇トレンドでも下降トレンドでも、起点からドラッグ&ドロップで緻密なラインが引けます。

フィボナッチリトレイスメントの61.8%と38.2%の水平ラインは
不思議なほどにローソク足が止められているので、
エントリーポイントを決めるための正確な基準の1つになります。

フィボナッチエクスパンションも有用性の高いツールですが、ここでは説明を省きます。

正しい相場環境認識に役に立つツールはこれだけではありません。

数値化・論理化されたものを基準にすれば、再現性が出てきます。

複数のツールを使って多角的に分析しないと勝ち続けることはできない

このことに気づいたのは、あるブログと出会うことができたからです。

あえてここではそのブログを紹介することは控えます。この記事はそのブログの管理者の受け売りです。

それよりも複数のツールについてお伝えします。(別の記事でもお伝えしました。)

①フィボナッチ
②エリオット波動(難しい理論ではなく、簡単なもの)
③トレンドライン
④移動平均線(SMA200)
⑤場合によっては水平線(引き方は再現性のあるもの)

これらを組み合わせて環境認識をし、論理的なシナリオを複数作成することができます。

勘でシナリオを立てても穴だらけのものになってしまいますが、
数値が基となっているので判断が明確になると言っていいでしょう。

本当の実力をつけてトレーダーとして長く生き続ける方法

私にはトレーダーとしての実力はまだありません。

FXで成功するにはひらめきと自分なりの手法とメンタルを鍛えることだと思っていましたが、

それはまちがいでした。
メンタルは関係ありません。

本当にまちがいです。

FXトレードで勝ち続けるためには、

①シナリオを立てることは当然のこととして
②負ける原因を1つ1つ潰していくこと。原因を突き止め、改善をすることが必要になってきます。
③勝ちパターンを少しずつ増やしていく。
④「トレードはエントリーポイントが全て」だと認識すること。←これ受け売りです。
⑤「値動きの意味を理解すること」←これも受け売りです。

そのブログの管理者であるプロトレーダーを尊敬しています。
読者様の中にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

「FXは他の仕事と同様に努力をしなければならない。お手軽な方法なんてありません。」

お互いに頑張りましょう。

今回も詳しい記事ではありませんでしたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

いつも応援どうもありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です