ファンダメンタルズも少しは気にしよう

こんにちは。よしみちです。

トレードの調子はいかがでしょうか。

相場状況に左右されて勝率が落ちることも多い
かもしれませんね。

今回、私もそうでした。

相場状況がわかるためには
ファンダメンタルズも知っておかなければ
と強く感じました。

※ファンダメンタルズ分析とは
・・・マクロ経済、産業動向、個別企業などの
経済的基礎要因を基に行う分析のこと。
世界情勢や要人発言も重要視しています。

今回は「ファンダメンタルズも少しは気にしよう」というお話です。

 

ファンダメンタルズというか・・・

「ザイFX!twitter版」を見るだけでもいいかなと思います。

この記事を書くキッカケは
今週、相場状況に大きく左右されたからです。

【今週の相場状況】**********************
米雇用統計発表後ドルが上昇していましたが、
今週はパウエル米連邦準備理事会議長の証言原稿の発表で急落。

その後、107.90割れのストップロスをヒットしてから急上昇。
そして現在(2019/7/12. 21:44)108.30あたりを上下しています。
*******************************

ファンダメンタルズについて、
「ザイFX! – 初心者必見のFX総合情報サイト(twitter)」
を時々見ていたのですが、

この日は急落した瞬間を迎えるまで見てませんでした。

そしてなんと!

相場が急激に動く前に、記事が早めに掲載されていたのには驚きました。

パウエル氏証言原稿による急落についてです。

タイムラグのためなのか
米株式市場の影響がFXに反映されるのが遅れているためなのか
何かの陰謀でシナリオが作られていたからなのか

それとも私の勘違い?

私にはわかりません。

ご存知なら教えていただきたいです。

Twitterの情報の早さは侮れない

経済評論家や経済関係のアナリストと呼ばれる方たちは
それぞれに、いろいろなことを伝えていますが、

彼らはトレーダーではないので
FXをしている人はいないですよね。

どう動くかわからない経済動向を予想したりできないし、
断定的な言い方もしないです。

だからトレーダーはそういう発言や情報を鵜呑みには
しません。未来のことは本当は誰もわからないから。

トレーダーにとって必要なのは
現在のリアルな情報です。

新聞でもなく、
雑誌でもなく、
テレビの経済番組でもなく、

一番早いのは

twitterなんですね。

今まで重要視していませんでしたが、
FXでトレードする前に、 ちょっとだけ 毎回
「ザイFX!twitter版」を覗いてみてはいかがでしょうか。

私も覗きます。

ザイFX!twitterを見るのを習慣にすると・・・

前もって有利な情報が入手できるかもしれませんよ。

でも全ての情報を100%信じることは危険かもしれません。
ザイFX!の情報も「絶対」ではないのでリスクはありますね。

要人発言で相場がどう反応するのかは、神にもわからないので。

トレーダーができることは

損小利大を目指して、リスクを負った上でトレードするしかありませんよね。

冷静にトレードしていきましょう。お互いに。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

応援していただけたら嬉しいです(^^)

2 件のコメント

  • こんにちは。
    FXってやってみたいけれど、よくわからない部分が多いので勉強させていただいております。
    Twitterでの情報収集など、参考になることが多かったです!

    • メグさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      ザイFX!twitterの情報が一番早いので、ホント参考になりますよね。

      デモ口座で実際にトレードしながら、
      わからない部分を解消していくのが効率的だと思います。

      FXについていつでもお気軽にお尋ねください。
      よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です