FXに聖杯が有るのか無いのか、よく考えてみました。

FXに聖杯が有るのか無いのか、よく考えてみました。

こんにちは。よしみちです。

FXで「聖杯」という言葉を聞いたことがありますか?

※「聖杯」とは「絶対に勝てる手法やテクニック」
のことだと一般的に言われています。

結論を言うと「聖杯」は無いです。

でも自分の手で「聖杯」に近いものは
作れますし、作らなくてはいけません。

今回は「聖杯」についてのお話です。

ブログなどでよく見かける聖杯探し

”聖杯インジケータ見つけた!平均足”とか、
”練行チャートが私のトレードを変えた”とか

そういう情報を見聞きすると、ちょっと面白そうなので
記事やyoutubeを観ることがあります。

でも

ああ、やっぱり聖杯はない!と実感します。

 

平均足は自分でも使ったことがありましたが、すぐにやめました。
紹介している記事でも聖杯にはならないと結論づけていましたし、

練行チャートも一時期導入しましたが、失敗しました。
トレンド転換の実際の時期が遅れるので、お勧めできません。

練行チャートを使った手法でオンラインサロンをされている方も、
数千万円の損失を出したので、
「聖杯」はないと断言できますね。

 

機関投資家やヘッジファンド、専業トレーダー、副業トレーダー、
初心者やベテラントレーダーでも

トレードをしている間は、
資金が溶けるかもしれないというリスクを常に抱えています。

自分がいつそうなるか、保証など何もない世界で戦っている
という意味では条件は同じだと言えますね。

他人事ではありません。

 

「聖杯」を探し続けた初心者の頃

FXで「聖杯」という言葉が使われていることを知ったのは
最近ですが、

FXを始めた最初の1年間は、
教材やインディケーター・サインツール
を探していました。

以前お話したように200万円近くを「聖杯」探しに
つぎ込んでしまっていたわけです。

教材やサインツールで勝つことができるくらいなら、
購入した人は全員「億トレーダー」になっています。

そんなことに気づけなかったボンクラトレーダーでしたが、

銀行口座の残高を見て我に返りました。
・・・残り少ない(^^;

そして

今まで購入してきた教材がどれも同じように
見えてきたのです。

FXには絶対のものは存在しない、という当たり前のことに
やっと
気づきました。

その時

「聖杯」が存在しないのなら、聖杯に近いものを自分で
作るしかない

と思うようになりました。

聖杯は自分で作りましょう

聖杯がないとわかってから、私のトレードについての考え方は
ずいぶんと変わっていきました。

もちろん良い方向にです。

 

・負けるのが当たり前。負けることを想定してシナリオを立てる。

・自分のトレードルールや手法を信じる。失敗したときには改善する。

・マネープレッシャーに克つにはロット数を少しづつ上げていく。

 

サイドバー(スマホでは下にスクロール)に表示してあるマイトレードルールは、
1万円を10万円にするまでのルールです。

途中で3回失敗したので約3ヶ月かかってしまいました。

このルールを大幅に変えることはしませんが、
場合によってはデイトレードからスイングトレードに
切り替える可能性も出てきました。

それは今よりも、もっとシンプルにするためだからです。

今は「相場は上位足の流れに沿っている」ということで
1時間足メインでしていますが、

上位足は4時間足や日足です。

なので最初から4時間足でトレードをしたほうが、
騙しが発生しない
のでは

・・・という仮説を立てています。

FXには聖杯がないので、自分だけの聖杯を作りましょう。

この記事がヒントになれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事▼

FX初心者が具体的に勝つ方法
FX初心者の方が勝つために、最初にお伝えしたいこと。

いつも応援どうもありがとう。

2 件のコメント

  • ブログへの訪問ありがとうございました!

    僕とは違った道で
    夢を追っているんですね。

    ブログに初めてついたコメントだったので
    嬉しかったです。

    またよろしくお願い致します。

    • すーさん、こんばんは。
      こちらこそコメントありがとうございます。
      夢を現実にする日は、そう遠くはないかもしれませんね。
      お互いに(^^)

  • yoshimichi にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です