動きのある相場とは・・・

こんにちは。よしみちです。

サイドバーに実験的マイトレードルールを載せていますが、
とてもわかりにくい部分があると思いました。

今回は補足説明です。

 

「相場に動きがある時」とはどういう時か

 

文字通り、ロウソク足が急に動き始めた時、という意味です。

下のチャートはドル円1時間足です。

黄色い丸の部分をご覧になっていただくと、
少し長い陰線が動き終わった後で、
陽線が出ているのがわかります。

2つのラインの中でレンジ状態になっています。

これは動きの少ない相場だと判断します。

上に行くか下に行くかわからないので、
エントリーせずに様子見。

数時間後、レンジ状態で下落傾向であること
(黄色の矢印で表示しました)がわかるので、

サポートラインを下に抜ければ、売りエントリーのチャンスが出てきます。

 

実際に陰線が「グググっと急に下落」した状態が
「相場に動きがある時」に当たります。

動画ならすぐにわかると思いますが、静止画像だとわかりにくいですね^^;

移動平均線を下抜けたところで売りエントリー。

スプレッドがあるのでエントリー位置はもっと下になります。
この陰線が止まった(停滞した)ところで決済。

 

このトレードルールは1分足や5分足での短期足でのスキャルピングに似てます。
1時間足スキャルピングとでも名付けましょうか・・・

利益を更に伸ばすためにサポートラインまで待つべきか

【結論】待ちません。

サポートラインまで待って利益が伸びることもあるでしょう。
でも相場の動きは誰にもわからないので、
ラインに届かずに反転する場合もあります。

 

多くを望まず、なるべく機械的に
トレードルールを守ることがよいと思っています。

このルールで利益を更に上げるには、ロット数を上げる。これだけです。

 

マイルールのシナリオとは・・・

上位足を見てトレンドやレンジを確認し、
レジサポラインを引き、どこで転換する可能性があるか、知ること。

様子見をしながら、レンジブレイクをする可能性も知ること。

 

シナリオは1つではありません。いろいろな可能性をイメージすることです。

上に行くか下にいくかの判断はシナリオには含めません。

 

エントリー判断は、ローソク足が急激に動いてからになります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※トレードルールに関しては、
利益を保証するものではありませんので、
売買の最終判断は、ご自身の判断でお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です