自己都合を排除し稼ぎ続けよう

こんにちは。反面教師のよしみちです。

トレードをしていない時間は、
FXのブログ廻りをすることがよくあります。

 

その中でおススメなのは
常勝FX 億超えトレーダー永井翔のFXの極みというサイトです。

 

でもサイトの宣伝ではありません。

そのサイトの動画で永井翔さんが話されている内容が、
とても役に立つ内容だったので、お伝えしたかったのです。

 

その内容は「自己都合を排除し稼ぎ続けよう」です。

自分の思考は間違っていると思うことが前提

自分の戦略は間違っている

これが投資世界の常識であるということです。

ストップロスを先に決めてから、
エントリーをどこにするか決める。
損をベースに考えるそうです。

 

ほとんどの人は利益を先に考えてしまうから、
自分都合で間違ったエントリーをしてしまう。

 

利益を先に考えるのではなく、
リスク(損)を先に考えなければいけないということです。

利益を先に考えるのは単なる妄想だと・・・

これは私の前回の記事(FXリアルトレード実践報告1)で、
どんなトレードをしたのか、反省点が浮き彫りになったと思いました。

 

確かに利益を先に考えて、自分に都合がいいようにラインを引き
(実際に意味のあるラインであっても)、

エントリーの根拠も自分に都合のいいものだけしか
見ていなかったと断言できます。

 

自分が期待しているものしか見ていなかったのです。

 

エントリーの根拠もリターン(利益)をメインに考えていないか

エントリーの根拠を多く集めることで、
優位性のあるトレードができる。そんなふうに今まで考えていました。

バイナリーオプションのコミュニティ(オンラインサロン)
の講師もそう教えていたからです。

私もその時それが正しいと思い込んでいましたが、それは本質ではありませんでした。

 

トレードの考え方が根底から崩れた瞬間です。

 

エントリーの根拠で先に考えることは、リスクです。

 

損切り位置を最小にするために、
どこでエントリーするかを考えれば

答は出てくるものだと実感しています。

中途半端な位置でエントリーすることもなく、
ラインの最高値や最安値のところまで待つという判断もできたはずです。

 

リターンは相場が決めることで、自分が決めることではない

という言葉が印象的でした。

他にもある自己都合の危険性

動画の中で過去検証にも触れていました。

過去検証をしている人で稼げていない人は、
過去の相場でうまくいっているところしか目に入らない。

 

失敗している部分を無視しているそうです。

 

・・・ということは、

自動売買ソフトやサインツール等で稼げない理由もこれではっきりしますね。

損の部分を無視して作られているということは明らかです。

「物事には良い部分もあり、悪い部分もある」というのは本当にそうだと思います。

 

FXで稼ぐためには裁量トレードしかないということを、改めて感じました。

 

まとめ

・ストップロスを先に決めてから、エントリーをどこにするか決める。

・損切り位置を最小にするために、どこでエントリーするかを考える。

・リターンは相場が決めることで、自分が決めることではない。

・自己都合を排除し稼ぎ続けよう!

 

リスクを先に考えるということを、実際のトレードで活かしていきましょう。お互いに。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です