FXリアルトレード実践報告1

 

おはようございます。よしみちです。

しばらく実践練習報告をしていなかったので、
今回久しぶりに報告をさせていただきます。

 

夜中の2時ごろに目が覚めてしまいました。
偶然ですがチャンスだと思ったのでトレードをしました。

 

ドル円1時間足のチャートです。
2019/06/12 2:30頃に買いエントリー。

前日の相場よりも動きがありました。

 

【エントリーの根拠】

・1時間足で上昇トレンド。
トレンド中ながら一定の範囲で上下を繰り返しているので、
逆張りで買いエントリーできると判断。

・4時間足は下降トレンド、日足も下降で、
上昇トレンドとは言えませんが、
短期的にはじわじわと上昇傾向を示している。

・1分足・5分足は現時点でレンジ相場。

 

【今後のシナリオ】

上位足から考えれば下降トレンドなので、
上昇の兆しはあるとしても急に下落する可能性もあります。

直近の高値付近までは上昇することを考え、
そこに決済指値(利確ポイント)を設定。
利確すれば260pipsプラス。

直近の安値よりも下落する可能性もあるので、

今回は決済逆指値(損切りポイント)をきちんと設定。
損切りなら220pipsマイナス。

今回のトレードでは

スキャルピングのような短期トレードではなく、
時間をかけてポジション保有をしてみようと思いました。

【理由】
・長時間ポジションを持つことで、
自分のメンタルがどこまで耐えられるか知るため。

 前回の2度のミスにもかかわらず、
持ちこたえられたので今回もできると自分に期待しています。

・「動いていたロウソク足の動きが少なくなった
(または止まった)場合に決済。」というルールを破り、
設定した利確ポイント(損切りポイント)まで
待ってみることで、新しいルール作りにつなげるため。

 

そういう訳で、一度決めた設定を途中で変更しないようにする目的で、記事にしました。

 

今日は外出もするので、このまま放置です。

 

チャートを見たらメンタルがもたないかもしれません^^(2019/06/12  6:46)

2019/06/12  9:25

帰宅 2019/06/12   16:29     損切りで決済されていました。

結果32788円になりました。負けました。

売りの圧力が相変わらず強いということです。

当然の結果でした。

今回のやり方ではダメだと認識しました。

本日の取引はこれで終了です。
明日から気持を切り替えてトレードをしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です