FXで勝つための戦略や戦術について考える

こんにちは。FX裁量スキル修行中のよしみちです。

9月からずっとデモトレードだけで練習中ですが、少しずつ見えてきたものがあります。

以前から気づいていたことではあるのですが、FXで勝つには戦略や戦術が必要なのではないか
ということです。

私はまだ成功を証明できていない、アマチュアFXトレーダーですが
FXの世界にも正しい方法(手法)が必ずあると考えるようになりました。

聖杯ではありませんが、聖杯に近いものがきっとある。

そんなふうに考えています。

この考え方の元になっているのは「成功する起業家の構成要素」です。

今回は「FXで勝つための戦略や戦術について考える」というお話です。

そもそもFXでの戦略や戦術とは・・・

ネットで調べてみると「戦略思考」という教材があるようですが、その話ではありません。

「成功する起業家の構成要素」についてはいつかお話する機会があると思いますので、ここでは省略させていただきます。

FXでの戦略というのは、複数のシナリオを立てること。

ローソク足がこれから上に動くか、下に動くか、停滞してレンジ状態になるのか、
少なくとも3つのシナリオを立てることが戦略ということになります。

戦術というのは、そのシナリオを立てるために、トレーダーとして必須の知識やスキル・マインドを持つこと。

ここまでは誰でも知っていることで、問題になっているのはどんな手法やツールを使い、
トレーダーとして必須の知識やスキル・マインドとは一体何かということです。

戦術としての手法・ツール

いろいろな考え方があると思いますが、本物を探し求めて突き詰めて考えると次のような結論に至りました。

・エリオット波動かダウ理論をしっかりと理解して使う。特にエリオット波動。
・ツールはフィボナッチリトレイスメントとフィボナッチエクスパンション、そしてトレンドラインです。

※いつか説明する機会があるかもしれませんが、エリオット波動やフィボナッチはネットで検索するとすぐにわかるので興味のある方は調べてみてください。

今、私はトレードスタイルにこだわることから離れ、戦術面でしっかりしたスキルを身につけることに力を注いでいます。

戦術としての必須の知識やスキル

必須の知識といっても、それほど多くの知識は必要ないと思います。

一般的なチャートパターンやFX基礎用語で十分です。

チャートパターンについては前回の記事でお伝えしたもので全てなので、
ムリして覚える必要もありません。

実際にチャートパターンを覚えていなくても、エリオット波動かダウ理論や
フィボナッチを使えるようになれば全く問題ありません。

それに最も大事なのは、高値・安値がどう推移しているか「値動き」をどう読むのかということです。

読み解くためにはエリオット波動やダウ理論を駆使する必要があります。

エントリー前もエントリー後もトレーダーは判断力を試されているのです。
適当に勘に頼って対応していると失敗をして感情でトレードし、ギャンブルそのものとなり口座破綻となります。

上に動くのか下に動くのか、注意深く確認しながら正しい選択をする。それがスキルということです。

トレーダーとしてのマインド

あきらめないことです。

ただそれだけ。簡単であり難しいことであるかもしれませんね。

口座を溶かしてしまったらあきらめるしかないじゃないか、という人もいるでしょうね。

でも国内の業者では難しくても海外の業者(例えばXM)なら5千円や1万円から始めることができるので
何度溶かしてもまた始めればいいと思いますよ。

でも溶かす前にやはりデモトレードで実力をつけてからリアルトレードをするのが賢明ですね。

あなたも私もアマチュアトレーダーです。

大きく稼いでいなければ皆初心者ということになるので、
プロのトレーダーに教えてもらうことを考えてもいい時期かもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

いつも応援どうもありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です