FXのトレードで疲れないようにする方法

こんにちは。よしみちです。

トレードの調子はいかがですか?

あなた自身のトレードルールでうまくいってる場合もあるでしょうし
そうでない場合もあるでしょうね。

勝ったり負けたりを繰り返すというのは
自分で意識していなくても疲れがたまっていきます。

疲れがたまると冷静な判断ができなくなるので注意です。

今回は「FXのトレードで疲れないようにする方法」についてのお話です。

FXのトレードで疲れる原因

トレードという行為は労働です。
体力をほとんど使っていないように見えて

精神的なエネルギーを消費しています。

疲れる原因は明らかで、

①チャートを見ているからです。

短期足でも長期足でも、含み損をかかえている場合には特に疲れますよね。

②ロット数を自分の許容範囲以上に上げているからです。

損切りの値幅を狭くしても、ロット数が多ければ失う額が多くなりますね。

③相場は思ったようにはならないからです。

いくら分析しても、逆方向に動いてしまうこともよくあります。
トレンドからレンジになる場合だけではなく、
トレンドからすぐにトレンド転換する場合もあります。

これはエントリーした後にしかわからないことなので、
いつの間にかレンジになっていたり、
いつの間にかトレンド転換していたりとか

本当によくあることですよね。

トレーダーは変動相場が結局「運」が半分を占めているということを
知っているので、エントリー後は気が気ではない のです。

つまり

トレード回数が多くなればなるほど、疲れが増すということです。

FXのトレードで疲れないようにする方法

原因は明らかなので、対策も明確です。

①エントリー後はチャートを見ない。

損切り設定と利確目標を設定することが前提になります。
テストを受けて結果が出るのを待つような心境ですね。

「言うは易し、行うは難し」ですね(^^;

②ロット数を許容範囲内にする。

連敗が続く場合には特にロットを下げていかないと資金が溶けてしまいます。
負けて悔しくて、大きなロットで取り返そうとするのは完全にギャンブルです。

気持ちはわかりますが、少しでも資金を残して再起を図りましょう。
溶かさなければ幸運に恵まれることもあるので、あきらめないことが大事です。

③トレード回数を減らす。

無駄なトレードを回避するためにも、トレードは時間帯などで絞ることが必要になります。
特に連敗の場合にはトレードそのものを休むことをおすすめします。

相場環境が変わると何をしても勝てないので、
方法が見つかるまでトレードしないというのが正しい選択です。

※因みにこの記事を書いているのは2019年9月ですが、
8月とは
相場環境が変わっているので、注意が必要です。

まとめ

FXで疲れないようにする方法はトレード回数を減らすことです。
ロット数を許容範囲内、または下げてみる等必要になってきます。

あきらめずにFXの世界で生き残っていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

追記(2019/09/18):最終的には指値注文でトレードすることが、疲れを減らします。

関連記事▼

FXでムダなエントリーを回避しよう。
FXのレバレッジはハイリスクなのか。ロットとの関係でわかりやすく説明します。

いつも応援どうもありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です